第8回海外IT研修視察セミナー
(2009/10/27~11/1)
本セミナーは無事終了しました

オバマ大統領のグリーンニューデイル政策で活力の蘇った
IT企業・卸売業・流通業の視察・研究・・・

<<ITを駆使した最先端技術の視察>>



  • 世界最大3100基の風力発電機を持つパームスプリング風力発電所
  • カリフォルニア大学サンディエゴ校のスーパーコンピュータ
  • カリフォルニア大学薬学部の電子処方箋
  • サンディエゴ市の危機管理システムなどのITの実例
  • ウォルマートスーパーセンターのコンセ(委託売り場管理)
  • サンディエゴ地域卸のパリセード・ホールセールでの物流IT研修
  • アメリカで話題の小型SMフレッシュ&イージーのセルフレジ視察
  • クレート&バレルのベビー・レジストリー
  • カルコム社携帯電話の将来展望
  • 企業個人信用調査会社クレード社
  • 会員制卸売りクラブコストコでのIT活用事例
  • デザートヒルズアウトレットモール管理システム
  • ITによる米国気象予報サービスなど
(*訪問企業は交渉中のため変更になる場合がございます。)

概要

日時: 2009年10月27日(火)~11月1日(日) 6日間
視察地: サンディエゴ地区(カリフォルニア州)
パームスプリング地区(カリフォルニア州)
定員: 20名(最少催行人数15名)
コーディネーター: (株)商業システム研究センター 代表取締役 波 形 克 彦
(中小企業診断士・ITコーディネーター・公認システム監査人)

参加ITCの特典
① セミナーは合計20時間で知識研修の5ポイントになります
② 帰国後作成するレポート集も執筆の2ポイントになります
③帰国後実施する視察報告セミナーの報告者は2ポイントになります

image001


世界最大の風力発電機を持つパームスプリングス風力発電所
(パームスプリングスにて視察)

主催者からのご挨拶

アメリカはオバマ大統領のグリーデール政策が効を奏して、回復の兆しが見えてきております。特にIT関係の活動が注目されておりますので、今回は世界一の風力発電所『パームスプリングス』また、携帯システムの世界企業『カルコム社』をはじめ、ITを活用して不況を乗り越えている、有力IT関係企業を訪問して、そのノウハウを学びます。
image003

波 形 克 彦


(株)商業システム研究センター代表取締役(中小企業診断士・ITコーデネーター)

(昭和43 年以来109 回目の海外流通視察)

108 回の海外視察のノウハウを活かして、視察の目的が充分に達成されるよう、バス車内でのセミナー、企業訪問を通じて、視察が身になるよう出発から帰国時まで同行し、責任を持って指導いたします。

日程表

日次 月日(曜) 時間 訪問企業・テーマ (交渉中の企業もあり変更の場合もあります)
1 10月
27日
(火)
出発 15:25
到着 12:43
成田国際空港発(NW航空786/AS航空576便)(日付変更線通過)
ポートランド国際空港経由サンディエゴ着(サンディエゴ泊)
視察開始
13:30~18:00
専用バス
① 地域卸パリセード・ホールセールで物流IT研修
② UCサンディエゴ・メディカルセンターのITシステム研修
③ ウォルマート・スーパーセンターのコンセ(委託売場管理)の視察
2 10月
28日
(水)
終日視察
9:00~18:00
専用バス
④ おしゃれ雑貨専門店クレート&バレルのベビーレジストリーのIT研修
⑤ 米国PR大賞のサンディエゴ市のIT危機管理システムの研修
⑥ 先進的ITで著名なカルコム社で携帯電話の将来について研修
⑦ 会員制卸小売業コストコにてIT自動調剤システムの研修
3 10月
29日
(木)
終日視察
9:00~18:00
専用バス
⑧ 企業・個人の信用情報管理専門のファーストアメリカンクレディト社のシステム研修
⑨ イギリス・テスコが進出したフレッシュ&イージーのセルフレジ研
⑩ サンディエゴスーパーコンピュータセンターでITシステム研修
⑪ 米国気象予報サービスでのIT研修
4 10月
30日
(金)
バスでパームスプリングスに移動後夕刻ロサンゼルスへ
9:00~18:00
⑫ 世界最大3100基の風力発電機を持つパームスプリングス風力発電所を視察
⑬ デザートヒル・アウトレットモールの顧客・モール管理のITシステムの研修
(ロサンゼルス泊)
5 10月
31日
(土)
午前
出発 12:45
出発まで自由視察
ロサンゼルス国際空港発(NW航空1便)
6 11月
1日
(日)
到着 16:30 成田国際空港着
(交通機関の時間および視察企業は変更になる場合がございます。ご了承ください。)